バナナの葉訪問看護ステーション|株式会社バナナリーフ

月: 2020年11月

学びが深まります★

点滴といえば、病院でやるイメージですが、ご自宅で過ごしながらも点滴をすることができます。病院では、当然点滴スタンドがありますが、在宅における点滴管理は、ご自宅にあるものを使用していきます。例えばハンガーやカーテンレールです。ご自宅にあるもので何が使用できるかなど考えることも学びの一つです🎵また、在宅ならではの輸液管理となるため、病院ではほとんどやることの少ない技術があったりします☻
私個人的な学びとしては、今までの看護師経験の中でCVポートに携わることであったり、皮下での持続点滴を実施する機会がありませんでしたが、訪問看護師となって実施する機会があり、また一つ看護師としての経験を積むことができました。
訪問看護は多岐に渡る疾患に携わりますが、よりよい在宅生活が過ごせるように日々学びを積んでおります。

運転中のつかの間の休憩♪

毎日安全運転でみなさまのおうちへ伺っております。

ほそーーい道や山道などまだまだ不慣れなため少し緊張しながら運転をしてます。

そんな私の緊張をほどいてくれるのが信号待ちで眺める緑豊かな自然ですね!!

遠くの緑を眺め目の疲労を回復させ、また気合をいれて運転に取り組みます!!!

訪問が終わり車を降りるときれいな星空に癒されます。写真には写らない綺麗さ!!

※イメージ図です

ウィズコロナ時代の研修

こんにちは♪

肌寒く感じる日が多くなってきましたね。

今回、当ステーションの福利厚生を一部を紹介します。

福利厚生として研修費の一部又は全額を補助(上限あり)があります!

現在、コロナウイルスのため積極的に外部研修への参加ができません😢

そのためセミナー動画を視聴する研修を推奨しています✍

本日も眠気に負けないよう頑張っています(‘◇’)ゞ

福利厚生を充実させ、ステップアップできるよう様々な取り組みを実施しています。

ブログでも紹介していきますのでお楽しみに☆

利用者さんからのいただきもの

手先が器用で、色々なものを作っていた利用者さんからいただきました。

dav

その利用者さんとは、病状の悪化のため、短い期間しか関わることができませんでした。
ある日の訪問中、利用者さんが作ったたくさんの作品を見せていただきました。
その作品たちに囲まれた時、私はまだお会いしていなかった頃のお元気だった頃の利用者さんの様子が思い浮かび、利用者さんが今まで過ごされてきた人生に少しですが触れられた気がしました。

訪問看護では、病院にいる時とはまた違う利用者さんの一面を見ることができます。
その方が過ごされてきた人生に少しでも触れられたと感じる時に、訪問看護の素晴らしさややり甲斐を感じています。

おススメの本紹介

皆様、こんにちは
残菊の寂しさが感じられる季節となって参りましたね

昨今はコロナ禍で出掛けられない事もあり、読書をする方が増えたそうですが、ノルウェーではロックダウンが起きた時、防護衣姿の図書館員が本を届けてくれたそうです

私も肖りまして、今の時期にお勧めの蔵書を皆様にご紹介いたします

一冊目は、まるで水族館に出掛けた様な雰囲気を味わえる、石持浅海の《水の迷宮》です
こちらは架空の水族館内で起きる事件を臨場感ゆたかに味わえる内容で、家にいながらにして謎解きと外遊び気分に浸れる一冊です

二冊目は、陰翳礼讚、言わずと知れた谷崎潤一郎の名著ですね
谷崎といえば妖艶で退廃的な作風の著作が多いですが、こちらの作品は谷崎本人の独特な美学を味わえる一品といえる内容です

私自身は、谷崎や北原白秋など私生活に問題を抱えた文人の作品が好みですが、こちらは万人にお勧めできる一冊です

皆様も、夜が長くなるこの季節に、読書を楽しんでみてはいかがでしょうか(貸出は山川文庫までお気軽にどうぞ)