バナナの葉訪問看護ステーション|株式会社バナナリーフ

新型コロナウイルスへの対応

バナナの葉訪問看護ステーションにおける新型コロナウイルスへの対応

バナナの葉訪問看護ステーションではこれまでも健康管理、清潔保持に努めておりますが、この度の新型コロナウイルス流行を受け、以下のように職員の更なる感染防止の徹底を行っていく所存です。ご理解、ご協力をいただきますようお願い申し上げます。

<予防対策について>
〇全職員は出勤時に自宅で検温、37.5℃以上あるときは出勤せず、自宅待機としています。(咳など疑わしい症状を伴う際も同様)

〇スタッフ及びその同居者が感染者と判断された場合(濃厚接触者の可能性がある場合も含む)、当該スタッフの自宅待機としています。

〇勤務時間は全職員マスクを着用します。

〇アルコールによる手指及び測定器具の消毒しています。

〇職員へは勤務外での不要不急の外出は控えるように指導しています。

<ご利用者・ご家族がコロナウイルス感染症と診断された場合及び濃厚接触者の可能性がある場合について> 
〇医療機関にてご利用者・ご家族がコロナウイルス感染症と診断された場合(濃厚接触者の可能性がある場合も含む)速やかにご連絡をお願いいたします。又、ご利用者・ご家族で体調不良の方がいらっしゃる場合にも、ご連絡をお願いいたします。
※訪問時に発熱(37.5℃以上)、咳など風邪のような症状がみられる場合はサービス提供を見合わせていただく場合がございます。

以上の対応のため急な時間・曜日の変更をお願いすることがあると思いますが、皆様の安全と感染拡大防止のため、ご理解とご協力お願いします。

なお、最新の情報は厚生労働省のホームページをご確認ください。