バナナの葉訪問看護ステーション|株式会社バナナリーフ

プチイノベ|小さくて画期的な工夫

インスリン自己注射の工夫

長く糖尿病を患い、毎日インスリン注射をされている方がいました。片麻痺があるため介助が必要です。

インスリンはペンタイプの先端に使い捨ての針を装着します。針をクルクル回してはめ込むので、麻痺がある方は針をご自身の手などに刺してしまう危険もあります。


    「自分でも打てるようにならないかな・・」 

利用者さんの気持ちを知り、ご自身で安全に片手で注射できるよう工夫をしてみました!!

一部紹介したいと思います(*^-^*)

管理者が板とドリルを・・・!?

↑この板はどのように使用すると思いますか??

穴を開けています。片手が使えないためインスリンの針を安定させる必要があり、ここへ針を置くための穴です!

何度も確認し、微調整しながらフィットするように穴が開きました!


↑このようにペン部分に装着するための針をこのように板にセットします。安定するため利き手で針ケースの蓋を剥がすこともできます。
板の裏には滑り防止の対策を施しました。

蓋を剥がした後は、ペン部分を垂直にしてくるくる回すと針が装着できます!

また、外す時も同様にこの板の穴に立てて回せば針が外せます!

ご本人にお見せするととても喜んでいただきました!訪問時に一緒に練習を重ねました。
そして、お一人で準備から片付けまでできるようになりました(*^-^*)


利用者さんのちょっとした一言に寄り添い、何か私たちにできることはないかな。。と考えていくことって大事ですね!

自分で出来ることが増えるって自信にもつながります☆

3Dプリンターの紹介

こんにちは! 3月に入り少しずつ暖かくなってきましたね!

バナナの葉訪問看護ステーションでは、新しい取り組みとして3Dプリンターを使用して自助具の作成を行っています!

自助具とは、病気によって手足が麻痺してしまった方や、筋力が弱ってしまっている方、関節が固くなり動かせなくなった方など、日常生活を過ごすのが困難な方のために作成された道具です。

誰かの手を借りるのでなく、自分自身で簡単に動作が行えるように、様々な工夫されております。

バナナの葉訪問看護ステーションでは、理学療法士・作業療法士がお身体を診させていただき、利用者様の身体にフィットしたオリジナルの自助具を3Dプリンターで作成・調整を行える設備を整えております!

自分の身体に合った自助具を使って今までできなかった事や、人に頼んでやってもらっていたことが、自分一人でもできるようになると生活がより豊かになるのではないでしょうか!(*^_^*)

こちらが3Dプリンターです!

バナナ訪問看護ステーションのオリジナル磁石を作成中の様子です(^^)

こちらができたものです!!ここから土台を剥がし完成となります(*^-^*)

今後も3Dプリンターで作成・調整した自助具をご紹介していきたいと思います!

手の力が弱い方の内服自己管理

かなり前になりますが、重症筋無力症の利用者さんの服薬カレンダーを作成したのでここで紹介します。疾患の特性で、手の力が入りにくいため、既存のものでは利用しにくいと話がありました。まずは草案として、Amazonのダンボールを切って四角にしたものを4つ作りました。ただ、それは本当に全く機能しませんでした。そして改良に改良を重ね、ダンボールの裏にマグネットをつける事で、写真のような服薬カレンダーになりました。日付もホワイトボードを使用しているので、簡単に日付を更新出来ました。利用者さんも、入院するまでずっと使い続けてくださいました。

①クリアファイルを切って箱型にする。

②磁石を箱に貼り付ける(重心が高くなりすぎて箱が倒れない位置)。

③段ボールの裏にも磁石を貼って完成!

磁石は強力なものを使用することで、重たい薬を乗せても薬箱が落ちず、かつ弱い力で薬箱をお薬カレンダーから取り出してご自分で内服薬の管理ができるようになりました!

その他工夫した点は、(症状の進行により視力もかなり弱くなっていたため)薬箱の角の色を塗り分け、朝昼晩で塗る角の位置も変更しました。これにより、ぼやけて見えていても塗っている角の位置でいつ飲む薬なのかも把握できるようになりました。

訪問看護ステーションでもテレワーク

こんにちは。新型コロナウイルスの影響により不安な毎日を過ごしている方が多いと思いますが、ご自身や身近な方々の体調はいかがでしょうか。

今回は当ステーションで実施している新型コロナウイルスに対応した業務を紹介させていただきます。現在、移行可能な書類業務の一部をテレワークにて対応しています。(※通常の訪問看護事業は継続しております)

テレワークとは情報通信技術を活用した、場所や時間にとらわれない柔軟な働き方のことです。「tele=離れた所」、「work=働く」を合わせた造語だそうです。

新型コロナウイルスの影響により、学校や保育園がお休みになっています。様々な影響があり通常の勤務が難しいスタッフもいるため、当ステーションでもテレワークや直行直帰を導入しました!

在宅勤務では日々の書類業務やマニュアル作成などを実施しています。直行直帰も取り入れてスタッフ同士でも「3密」にならないよう注意しています。

在宅勤務では不慣れなことも多く違和感もありますが利用者さんや職員を感染から守るため可能な範囲でテレワークを取り入れていこうと思っています!

全体研修✍

こんにちは!今日は研修なので、全員出勤の日です!(^^)!午前の訪問が終了後、高滝に集合し、研修を行いました✍まずはBOSSOでランチ🍽ランチの後は、美術館に移動しロシア現代アートがやっており、ロシア語も少し勉強したので自分の名前を書けるようになりました!美術館の後は高滝ダムの広場に移動し、訪問看護の法制度についてのテストをしました・・・💦

このあとに訪問看護の法制度についてのテストが・・・ドキドキしています(;’∀’)
テストが終わってホッとしています(^^♪

マッサージ研修✊

こんにちは!夏真っ只中で、毎日暑くて大変ですね・・・💦

当ステーションでは、マッサージ目的の介入も多く、利用者さまにより最適なマッサージを提供できるよう各自勉強をしました。そしてその勉強内容をスタッフ同士で体験をし、直接自分が体験することで、指圧の程度や押し方などの意見を出し合いました。また、実際にプロのマッサージも受けてきました。部位や押し方によって痛みのポイントが分かって良かったです(^^♪

くすぐったくて必死でした(;’∀’)

さすがマッサージ師・・・グリグリと容赦なしでした(;´Д`)しかし、実際に体験できてよかったです☺今回の体験を踏まえ、利用者さまにより良い提供をしていきます!(^^)!