バナナの葉訪問看護ステーション|株式会社バナナリーフ

訪問看護ステーションでもテレワーク

こんにちは。新型コロナウイルスの影響により不安な毎日を過ごしている方が多いと思いますが、ご自身や身近な方々の体調はいかがでしょうか。

今回は当ステーションで実施している新型コロナウイルスに対応した業務を紹介させていただきます。現在、移行可能な書類業務の一部をテレワークにて対応しています。(※通常の訪問看護事業は継続しております)

テレワークとは情報通信技術を活用した、場所や時間にとらわれない柔軟な働き方のことです。「tele=離れた所」、「work=働く」を合わせた造語だそうです。

新型コロナウイルスの影響により、学校や保育園がお休みになっています。様々な影響があり通常の勤務が難しいスタッフもいるため、当ステーションでもテレワークや直行直帰を導入しました!

在宅勤務では日々の書類業務やマニュアル作成などを実施しています。直行直帰も取り入れてスタッフ同士でも「3密」にならないよう注意しています。

在宅勤務では不慣れなことも多く違和感もありますが利用者さんや職員を感染から守るため可能な範囲でテレワークを取り入れていこうと思っています!